お悩み・ご相談のお問合せはこちら

渋谷代々木上原のパーソナルトレーニング・ピラティス

渋谷でピラティスならè-Styleへ!ピラティスとは何か?その効果も解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

インスタグラムで、石田ゆり子さんがピラティス?を10年やっているのをみたのですが、ピラティスって何ですか?

ピラティスが気になるマリコさん

 

現在、芸能人や著名人、スポーツ選手も、ピラティスを行っている方をみるようになりましたよね。

 

スポーツ選手、有名人もやってるなら、そんなにいいものなんですか?実際に効果ってどうなんですか?

ピラティスが気になるマリコさん

 

何か、運動を始めようと思っている方であれば、「ピラティス」という言葉を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ですが、結局のところ、ピラティスってなんですか?って筋トレとなにが違うの?など、わからない方もいると思います。

 

  • ピラティスってなに?
  • ピラティスって、実際にどうなの?
  • その効果は??

 

というわけで今回は、ピラティスの「基本き」についてお伝えします。

 

この記事はこんな方にオススメ!!
  • 運動を始めようと思っている方!
  • 運動が苦手で、ヨガやピラティスのどちらを始めようか迷っている方!
  • ちゃんとピラティスを知りたい方!

このような忙しいく、運動するにしても、初めてだったり、筋トレが嫌いな方が、まずは運動を始める時には、ピラティスが特にオススメです。

 

ピラティスとは一体なんなの?

ピラティスってなんですか?

ピラティスが気になるマリコさん

 

ピラティスとは、科学的に根拠が証明されたトレーニング法の一つです。一番の効果として言えることは「姿勢改善・猫背改善」です。

もっと具体的に言えば、姿勢改善を行うために「動きを鍛える」「正しい動きを学習する」ということ。

一般的なトレーニングと違うところはこれです。

 

もともとは、アメリカから伝わってきたエクササイズで、寝たきりになった軍人のリハビリから始まったもの。

そこから、病院のリハビリテーションの現場や、ダンサーのパフォーマンスアップのためのエクササイズから普及してきました。

 

なぜピラティスで姿勢改善をしなければいけないのか?

「同じ姿勢で長い時間過ごす」

 

病院のベッドの上はこのような状態が起きていますが、現代社会では、パソコンやスマホの普及で、デスクワークや立ち仕事などの「同じ体勢、姿勢で長時間過ごす」ということが増えてきました。

 

悪い姿勢で長時間過ごし、正しい姿勢を維持する時間が難しくなってきたのです。

 

日常生活での悪い姿勢や、それから悪い歩き方によって、間違った体の使い方をし、もっと細かく言えば筋肉の使い方が間違ってしまうと、姿勢が悪くなったり、脚が太くなったりします。

 

「悪い動きの癖が、悪い姿勢を作る」

 

筋肉のバランスが崩れ、骨と骨がズレ、身体の歪みといった猫背や反り腰など、悪い姿勢などの問題にが起こります。

 

体幹部と言われる、お腹周りの深層部筋肉や、股関節周辺の筋肉、肩甲骨周りなど弱くなり、腰痛をはじめ、肩こりや首こり、さらには、使いすぎている筋肉などを無視して筋トレを行うと、歪みや痛みが改善されないということも起こるのです。

 

猫背のデメリット

なぜ姿勢が悪いこと、猫背になることが悪いのかを説明します。

猫背になると、様々な問題が生じます。

  • もともと歩き方や立つ座る時に、癖があるために、所作が不自然
  • 筋トレの効率が悪くなる(正しいフォームが作れない)
  • 痩せているのに、お腹が出る
  • お尻が垂れる
  • 脚が歪む
  • 肩の高さが左右違う
  • 呼吸が浅くなる
  • 首こり肩こり、腰痛になりやすい
  • 関節の痛みの原因
  • 柔軟性の低下
  • 筋肉がつきにくい
  • 血流が悪く冷え性になりやすい

このように、身体に起こる様々な症状が、姿勢の悪さからくることが多々あります。

 

ということは、ピラティスを行い、姿勢を改善することで、様々の効果があるということです。

 

ピラティスには、どんな効果があるの

ピラティスを行うと、様々な効果があります。猫背や歪みを改善することで、様々なメリットがあります。

 

所作が美しくなる

  • 凛とした姿勢で、脚の運びを正し、歩き方が改善される。
  • 座り方も意識するために美しい姿勢に改善される

歩き方や、座り方など、日常生活のよって悪い姿勢になります。そうした癖を改善し、正しく歩くこと、座ることを習慣にすることで、歩き方や立ち方などにも活かせるようになり、本来備わっている美しい所作が身につきます

 

シェイプアップ

猫背などによって、筋肉が弱くなり、たるむ部位があります。

背中、二の腕、お腹、お尻などが、痩せていて細いのに弛んでいる。ただ単純に筋力トレーニングをするのではなく、エクササイズで正しい動きを学び、バランスよく筋肉がつくということにつながります。

  • 背骨、肩甲骨の位置を正し、背中がシェイプアップされる
  • 肩関節のづれが正され、二の腕が引き締まる
  • 体幹トレーニングになるために、お腹が引き閉まる
  • 骨盤の傾きが正しくなり、お尻があがりヒップアップする
  • 全体的に引き締まる

ピラティスを行うことで、バランスよく筋肉が引き締まっていきます。

 

むくみや冷えの改善

日常生活の動き、歩く・立つ・しゃがむことでも、一人一人の違った「癖」が生まれます。

 

その「癖」など、間違った身体の動かし方が身についてしまい、特定の筋肉が使われることで、疲労物質が溜まることがあります。

さらには、骨のズレや歪みにより、血行が悪くなることも考えられます。

 

それらが、「むくみや冷え」の原因にです。

ピラティスで、正しい動きを習得し、そのことで使われていなかっった使いたい筋肉が使われ、「むくみや冷え」などの改善につながります。

 

肩こり腰痛軽減

ピラティスは、エクササイズ時に、首や背骨、肩甲骨、骨盤を正しい位置で、腕や脚を動かします。

各関節の可動域が正常になり、肩周りや腰部の筋肉の張りなども軽減されます。

関節の障害などの予防にもつながります。

 

パフォーマンスアップ

猫背などの姿勢不良で肩甲骨周辺や股関節周辺の、硬く短くなった筋肉などが影響して可動域が低下します。その影響で、腰まわりや膝に不自然な力が加わり、怪我や障害の原因にもなることがあります。

また、歪みによって正しい動きができない場合も考えられます。

 

体は、脳や筋肉と筋肉のつながり、神経が伝わることで身体が動き、パフォーマンスアップとなります。

 

趣味やこれから始めたいと思っているスポーツをするにしても、歪んだり途切れたつながりを解消することで、よりパフォーマンスアップや体力がつくということになります。

 

身長が高くなる

背中の丸みや左右のバランスが正常になり、関節の柔軟性がアップすることで、身長が高くなることがあります

お客様全てということではありませんが、1㎝〜1.5㎝高くなることもあるのです。

 

まとめ

ピラティスは、簡単いうと姿勢改善・猫背改善のためのエクササイズです。

 

猫背などの姿勢が悪くなることで、筋肉のバランスが崩れ、骨をつなぐ関節のずれことで身体の土台が崩れることになります。

その崩れた状態で、筋力トレーニングなどで改善しようとしても、根本的な問題が解決していないために、効果が半減してしまうのです。

もちろんピラティスにもデメリットはありますが、「土台である美しい姿勢を作ること」がピラティスを行う上の最大のメリットなのです。

美しいウエストラインを作るには、骨格レベルからゆがみや悪い姿勢改善が必要です。そして、並行して筋トレを行うことで、代謝が上がり、くびれのある引き締まったウエストラインが手に入ります。

本気で衰えることのないボディラインを手に入れたい方へ

この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください