お悩み・ご相談のお問合せはこちら

渋谷 代々木上原 ピラティス パーソナルトレーニング 女性専門

ピラティスで反り腰を改善する方法

 
渋谷のピラティスで反り腰改善
この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

下半身が大きいこと、お腹たるみが気になります。

お腹や下半身が気になる安達さん

 

外人さんのようにお尻が大きく感じている方の多くが、お腹まわりは少し出ているような体型が気になっています。

お尻は小さくしたくてトレーニングを頑張ってもなかな小さくならない、逆に下半身がたくましくなって

お腹や下半身が気になる安達さん

 

お尻が自慢、だけど少し大きいから小さくしたいからといって、トレーニングのやり方を間違ってしまうと、どうしてもお腹周りのぽっこりは解消されず、下半身が太くたくましくなってしまうケースがあります。

 

お腹も引っ込めたいし、お尻は小さくしたくて。それでも筋トレをしないといけませんか?

お腹や下半身が気になる安達さん

いえ、安達さんの場合は、筋トレをあまりしない方が良いです。そういう姿勢ですので、より専門的なピラティスなどのトレーニングが必要になります。

トレーナー柴田

今回はトレーニングのやりすぎで、お腹周りのたるみが取れないどころか、下半身まで太くなってしまう反り腰でお腹周りが出ている事例について詳しく解説していきます。

 

ピラティスやトレーニングをやってもぽっこりお腹が改善しない理由

体脂肪については、いつもお伝えしていますが、しっかりと食べることを意識糖質を含めた栄養の摂取たんぱく質の量を増やす。まずは体脂肪についてはこの方法で必ず変わります。

たるみは、この体脂肪を減るような食事のコントロールが必要になります。

 

さて、お尻がプリッとして、お腹が出る方が、一生懸命にピラティスやトレーニングを行っても、お腹周りが変わらない明確な理由があります。

 

それは、お腹の筋力の弱くて腰が反るがほとんどです。

身体に起きている、反り腰なっている原因を見ずにピラティスやトレーニングを行っているからです。

正しい姿勢

くるぶし→膝横→骨盤→肩(肩峰)→耳後ろの骨
全て一直線

反り腰姿勢

横から見たときに、骨盤が前の傾きが過剰に起こり、お尻がプリッとしていて一見良い姿勢に見えます。重心・バランスを保とうとするため、骨盤は後ろへ傾き、上半身が後ろへ移動します。

 

3つの姿勢から分析すると、反り腰姿勢と言われる姿勢が、特にお尻は過剰に上がり、お腹が出ているように見えます。

 

もう少し、反り腰姿勢を知りたい方はこちら⬇️

▼反り腰姿勢をもっとよく知る

3つの姿勢からの分析になりますので、あなたがどの姿勢なのか、ぜひ確かめてみてください。

 

このように、いっけん良い姿勢かと思いますが、お尻が上がっているけどお腹が出ている姿勢が、この反り腰という姿勢です。

 

 

なぜ、トレーニングで頑張っているにお腹が出て、下半身がたくましくなるのか?

理由は、簡単です、反り腰になることで、

  • 無駄に使ってしまう筋肉
  • 使われない筋肉

これらが、明確に存在するため、トレーニングによりさらに過剰に使ってしまう筋肉があることにあります。

反り腰になる原因を追求しないため、下半身やお腹周りが改善しないのです

*筋肉が弱く骨盤が前に傾くことで起こる、体の変化

上の写真を見てもらうとわかるように、鍛える必要があるのは、

  • 長くなっている筋肉

逆にストレッチなどで長くする必要があるのは、

  • 短くなっている筋肉です

前回ご紹介した、スウェイバック姿勢のトレーニングとはほぼ逆のトレーニング法のやり方ですね。

  • お腹の筋肉は伸びる
  • 腰の筋肉は短くなる
  • 太もも裏の筋肉は伸びる

その結果、骨盤が前に傾くことで、脚が内に向く、いわゆる内股になりやすくなります。

 

美容のためにトレー二ングを頑張ることは賛成です。

しかし、歪み改善のエクササイズをしないと、キレイなボディラインに改善しないばかりか、下半身の特に脚の前側の張りが取れず、さらに太くなってしまうこともあります。

 

お尻の大きさ、お腹周りが気になっていた安達さんの事例

では実際に、どのようにしてこの反り腰姿勢を改善し、お腹まわりの改善していくのか見ていきましょう。

 

もうトレーニングを始めて一年以上の安達さん。
ヴィオラ奏者で毎日毎日演奏をしているため、身体も歪みが生じます。

 

安達さん

これから何十年もパワフルに活動するにあたって、また2019年2月に身体的にかなりタフなコンサートを控えており、真剣に体のバランスを整え、体幹やパーツを鍛えたいと考えています。

また、1人の女性として、自分の持って生まれた骨格なりの最高の体型になってみたいとも思います。体の後ろ側の柔軟性、たるみ、二の腕が特に気になります。

とのことでした。

 

お尻の大きさ、お腹周りが気になっていた安達さんの身体の状態

カウンセリングを行い、過去の運動歴、既往歴、職種や生活習慣、食事のことまでしっかりと聞きました。

 

体験トレーニングでは、写真を撮り、身体の評価をさせて頂いた結果、

骨盤が前に傾き、見ただけで反り腰だということがわかります。

このように、骨盤が前に傾き、お尻が上がりすぎて、肋骨がボコッと前に出る反り腰になっていました。

 

安達さんの歪みや姿勢に伴う、筋肉の状態

写真と身体の評価を元に、どのようなトレーニングがいいのか、理想の姿勢までの姿をお見せしました。

スウェイバック姿勢と同じように姿勢だけでなく、関節の柔軟性や骨格をまで見て、トレーニング内容を決めます。

身体の状況

 

  • 腹筋が伸び、筋力が弱い
  • 腰の筋肉は短くなり固い
  • 太ももの筋肉は長くなり弱い
  • 骨盤が前に傾き、脚は内股

パーソナルトレーニング でやるべきこと

安達さんのトレーニング当初

 

  • 食事の見直し、しっかりとご飯を食べていきながら、体脂肪を落とすこと
  • 腰の柔軟性そして、前腿の張りの軽減
  • 内股の改善
  • 急激に変化を変化させることは演奏に影響がある可能性もあるため、身体と相談しながら計画的に行う。

 

 

腰の固さ、たるみが気になっていた安達さんのトレーニング後

 

安達さんのトレーニング当初

トレーニングで改善後の変化

腰の柔軟性を高め、内股になっていた脚の改善、お尻のインナーマッスルのトレーニングを中心に行いました。

日常でも、LINEのやり取りをし、アドバイスを含め常にサポートさせていただいています。

 

その結果、腰のそりや胸元を張っているような姿勢が改善しました。

 

まとめ

お尻がプリッと上がりすぎ、お腹が出ている原因は

  • 体脂肪の増加
  • 骨格の問題

一般的にはこのように考えられていますが、実はそうではない場合もあります。

お腹周りの体脂肪過多の他に、お腹まわりのぽっこりお尻の大きさは、身体の歪み、それに伴う骨盤傾きにも原因あります。

  • ヒールを履くことが多いビジネスウーマン
  • 気がついたら内股
  • 歪む姿勢を長時間している方
  • いつも胸を張っているような方
  • 腰が痛い

このような方々の力になれる自信があります。

 

間違ったトレーニングではなく、あなたにあった正しい、方法の選択を!

美しいウエストラインを作るには、骨格レベルからゆがみや悪い姿勢改善が必要です。そして、並行して筋トレを行うことで、代謝が上がり、くびれのある引き締まったウエストラインが手に入ります。

本気で衰えることのないボディラインを手に入れたい方へ

この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください