お悩み・ご相談のお問合せはこちら

渋谷代々木上原 女性専門ピラティス&パーソナルトレーニング

なぜパーソナルトレーニングにピラティスを取り入れているのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、渋谷代々木上原パーソナルトレーニング・ピラティススタジオè-Style代表の柴田です。

 

よくお客様から、なんでピラティスを取り入れているんですか?と聞かれます。

 

ピラティスは、姿勢改善に有効なトレーニング法の一つです
※ピラティスを知らない方は、まずはこちらを読むとスムースに内容が入ってきますので、こちらからお読みください。
▼ピラティスとは何?どんな効果があるの??〉〉

 

あなたは、筋トレさえやっていれば、お腹まわりは引き締まり、下半身にも筋肉がつくからいいのでは?って思っていませんか?

 

確かに、筋肉は付くと思いますし、ダイエットには筋トレも必要です。

当スタジオでも、お客様をしっかりと見させていただいて、必要であれば筋力トレーニングは取り入れます。

 

ゆがみを整えても、引き締まる感じがしないし、本当にピラティスでいいの?って不安です。

あかねさん

このように感じている方も多いかもしれません。

 

まず、結論からお伝えすると、「本当に美しいスタイルを手に入れるために、ピラティスなどのゆがみを整えることは必要」です。

 

私自身も、筋トレは推奨してます。

しないよりやったほうが絶対にいいです。

 

ピラティスも、他のトレーニングで姿勢や歪みが完全に改善できるのであれば、ピラティスでなくても良いと思います。
※当スタジオのピラティスの考えはこちらからお読みください。
▼ピラティススタジオè-Styleのピラティスの考え

 

10年後を見据えてトレーニングを行い、あなたにとって理想の未来を手に入れたいのであれば、ピラティスなどゆがみを整えることは、取り入れるべきトレーニングだということです。

 

なぜ筋トレじゃなくピラティスを行うの?

ピラティスは、姿勢や歪み改善にとても適しているエクサササイズであり、姿勢が悪くなる原因である、「体の癖や動きの癖」を改善することが可能なトレーニングです。

身体の歪みは、関節の柔軟性の低下や骨のズレ、間違った筋肉の使い方によって起こります。

 

関節が柔らかい10代20代前半の方は、筋トレだけでも充分美しいボディラインになることは可能です。

 

30歳をすぎ40代になってくると、忙しい毎日を過ごし、デスクワークや立ち仕事など、同じ体勢や日々の癖を伴う動きをすることがあると思います。

職業病のようなゆがみが生じ、背中が丸まり、股関節が硬くなったり、肩が上がらなくなったりと、筋トレだけでは改善が難しい状態になってしまうんです。

 

その為、関節の硬さや動きの癖など身体に問題が生じたまま、筋トレを始めた結果、

  • 筋肉は付いたけど、猫背や脚のゆがみが気になる
  • トレーニングやらされすぎて、肩や腰が痛くなる

このような状況にもなってしまいます。

 

いつまでも美しいくびれたボディラインを保ち、トレーニングなど運動を習慣にしたいと思っていても、怪我をしてしまえば、元々の姿である「何もしない生活」に戻らざるおえなくなってしまいます。

 

まずは、ゆがみを整え、身体の癖を改善するためにピラティスを行う

ピラティスは、姿勢改善にとても有効なエクササイズです。ピラティス以外にもゆがみ改善するトレーニングはありますし、私も行なっています。

その場合は、ピラティスをベースにしているため、呼吸法などを含めた要素を用いてトレーニングを行います。

  • 骨のズレの改善
  • 関節の柔軟性アップ
  • 身体の癖の改善

このように、筋力トレーニングを行うためにも必要な要素、筋力アップをより効率よく行うための要素が含まれています。

 

まとめ

もし、あなたが、ダイエットのために筋力トレーニングを行っていて

  • 何も変わらない
  • 下半身は太いまま
  • 下腹がぽっこりしている
  • 脚のゆがみが気になる

といったお悩みがあるのであれば、体重を減らすことや筋肉だけに目を向けるのではなく、ちょっと違った視点でトレーニングをオススメします。

 

私が、ピラティスを取り入れているのは、より効率よく筋力トレーニングを行うためです。

 

身体の歪みや身体の癖が取り除かれると、使われるべき筋肉が使われ、使いすぎていた筋肉は使わなくなるため、下半身が細くなリ、今まで引き締まらなかった二の腕が引き締まってくるなど、筋トレをしなくても、驚くような効果が生まれます。

 

そこに、筋トレをプラスすることで、美しいスタイルが手に入るのです。

 

 

 

美しいウエストラインを作るには、骨格レベルからゆがみや悪い姿勢改善が必要です。そして、並行して筋トレを行うことで、代謝が上がり、くびれのある引き締まったウエストラインが手に入ります。

本気で衰えることのないボディラインを手に入れたい方へ

この記事を書いている人 - WRITER -
柴田 隆太
一生続く、理想のくびれたボディライン作りの専門家。カラダの歪みがあるまま、筋力トレーニングやピラティスの形に当てはめた指導は、根本的な改善ができないことを身をもって体験したことで、骨盤や足といった骨の配列や姿勢の改善からアプローチし、ウエストラインをキレイに見せる独自のトレーニング法を考案。 国内大手化粧品会社社長やヘアメイクアーティストなど忙しく働いていても、カラダの美を追求する女性を中心に指導し、アメリカ本土やシンガボールからも通うほどの人気となっている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください