体験・無料カウンセリング予約はこちら

渋谷・代々木上原のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオ

パーソナルトレーナープロフィール

パーソナルトレーニングスタジオè-Style代表プロフィール

  • 代表トレーナー
    柴田 隆太
  • 生年月日
    1982年2月15日生
  • スポーツ歴
    ラグビー26年
  • 指導歴
    ボディメイク指導歴9年
    東京大学ラグビー部トレーニングコーチ
代表プロフィール

福岡県出身
曽祖父から3代続く割烹料理店を営む家庭で育つ。
誰よりも身体が小さいながら始めたラグビーで度重なる怪我や腰痛に悩まされ、高校時代から本格的に身体づくりを始める。
大学卒業後にプロのラグビー選手を目指して、本場ニュージーランド留学を2シーズン経験し、レギュラーとして活躍。

帰国後、スポーツクラブで運動初心者を中心にマンツーマンの指導を開始。持病の腰痛緩和とスポーツパフォーマンス向上のために、ハリウッドで広まっていた姿勢改善や体幹強化に有効なピラティスを始める。熱中する中で、お腹や下半身に悩みを持つミドルエイジ の女性らからボディメイクの相談を受けるようになる。

2013年上京当後、南青山の老舗ジムで著名人らの指導に携わり、同時に大手スポーツジムでは41か月連続で指導実績ナンバー1の人気トレーナーとなる。

延べ8000人を超える女性の身体作りを支援する中で、骨格と姿勢からアプローチし、ウエストラインを美しく見せる独自のトレーニング法を考案。
約10年の指導実績があり、安心感ある落ち着いた雰囲気でトレーニングできることから、国内大手化粧品会社社長をはじめ、ビジネスの成功と身体の美を追求する女性を中心に人気を博し、アメリカ本土やシンガボールからも通うクライアントもいるほどの人気となっている。

保有資格

PHI Pilates Mat Ⅰ Ⅱインストラクター

 

パーソナルトレーナーになるまでの歩み

初めまして、è-Style代表の柴田隆太と申します。

大学卒業後社会人を経験して、プロのラグビー選手を目指すべく単身ニュージーランドに渡りました。

帰国して、スポーツクラブで、運動が苦手な人や筋肉トレーニングマシンを使う事がはじめての方、特に女性のお客様を中心にトレーニングのサポートしていたことがパーソナルトレーナーの始まりです。

 

不安な表情でマシンを使っているお客様に、数カ月つきっきりで指導を行っていました。

お客様の身体へ効果も表れてくると同時に、自然と表情も明るくなっていくこと、笑顔になることに、とてもやりがいを感じていいました。

そんな中、私自身が中学時代から腰痛に悩まされていたこと、海外のラグビーチームがハリウッドで広まっていたピラティスを入れていたことで、筋肉トレーニングとは別に、ピラティスのグループレッスンに参加し始めたんです。働いていたスポーツクラブでしたので、仲間の女性たちから身体の相談を受けるようになりました。

私がピラティスを経験し、筋肉トレーニングを行っていくなかで、骨格がゆがみ姿勢が悪い身体で、どれだけハードに筋肉トレーニングを行っても、効果は薄く、将来的に健康的な身体にはならないのではないかと体感していたのです。

指導を経験していくなで、マニュアル通りの指導、一時事的な指導だけでは、お客さまの悩みや、運動の習慣までは変えることはできないと感じていました。お客様が数ヶ月後にはスポーツクラブ辞め、運動もやめてしまう状況に歯痒さを感じるようになりました。

当日、糖質制限が流行りはじめた頃で、一時的なダイエットの為に始める運動ではなく、将来の健康、いつまでも元気でいられる為であったり、一人ひとり抱える問題を解決したい!その思いも実現させるために、2013年に7月より上京し、パーソナルトレーナーとして活動を開始しました。

そして、2018年2月にピラティス&パーソナルトレーニングスタジオè-Styleをオープンしました。

 

信じ続けることで将来が明るくなる

幼いときから身体が小さくて、兄や友人からも、からかわれていました。身長が小さいとか、チビだの言われ、不快に感じつつ、体が小さいことが常にコンプレックスだったんです。

母の勧めで10歳からラグビーを始め、中学になると、毎日公園で陽が暮れるまで練習して、自宅では海外のラグビーの研究に明け暮れていました。

ラグビーが大好きで上手くなれば、他の友人とは違い、絶対に自信をつけて、見返してやる。そう思いながら毎日を過ごしていました。

高校大学、社会人になるにつれて、周りの選手は、身体も大きくて歯が立たないと思われるかもしれませんが、私が海外プレー出来た事は、高い目標とコツコツと練習を続けること、信じ続けることが出来たからだと思います。

ラグビーでは、考える力や礼節にいたるまでたくさんの事を学びました。

チームメイトを尊敬し、助け合う。家族やコーチからいつも応援される。そんな少年時代から成人に至るまで、ラグビーから学んだことは、私という人間、人生そのものです。

ニュージーランドに留学した事が、人生のター二ングポイントです。ラグビーが国技で、街中の公園にはたくさんのラグビー場あり、その周りのランニングコースでは、多くの方が毎日走っている姿を見かけました。また早朝のスポーツクラブには、たくさんの方が仕事前に汗を流し、清々しい表情で仕事に行く姿を見て衝撃を受けました。

目指していたプロ選手として生涯を終えた後、ニュージーランドで体験した環境を多くの方に伝えたい。ラグビー場や誰もが運動を行う場所を提供したいと思いました。

トレーナーとして活動をしていくうちに、ほとんどの方が、いつまでもくびれのある身体になりたい、下半身を細くしたい、かっこよくなって好きな洋服が着たいなどという同じ様な未来を見ていることがわかりました。

ダイエットを始め、トレーニングやピラティスはその過程であるため、コツコツと行い、習慣にしていく事が必要であると考えています。

私自身がその過程を体験し、経験しています。
より近くでお客さまにその経験をお伝えし、身体の問題や生活環境の問題を解決し、ストレスレスで笑顔のある人を増やしたい。お客さま一人ひとりに寄り添ったスタジオを運営していきたいと思っています。